ねっとり

30/April/2024

*English ver

冬に訪れた京都のカフェ『フランソワ』にて。

女性と会うときはいつもそうするように、ひとつのソファに並んで座りながら、東欧出身の彼女の話を聞いていた。

大学の授業
卒業後の予定
日本での生活
友達
元カレの話
日本の男の印象
母親との関係……。

ふと、目を惹かれた。

1メートルほど先の机に並ぶふたつのカップ。

熱い黒い液体がそそがれた、白いふたつのカップ。

赤い印が、彼女の側にあるカップにだけついていた。

赤い口紅のあと。

たった今ついたみたいに、まだ乾かないで濡れていて。

ねっとり。

まっ白な冷たい大理石の上に塗られた、ナマあたたかい、濃厚な赤。


妙に照って輝くその赤いふしだらに気がついた瞬間、時が一瞬止まった。

話していること、彼女の存在、そしてこの世界のあらゆるもの。

すべてが後方に退いた。

世界に唯一残されたもの。それは彼女のくちびるを忠実に写し取ったこの赤と私、二人だけ。

男の眼前に迂闊に晒すべきではない、濡れてぬめった深奥の秘密。

コーヒーカップに化身して、そして溢れ出してしまった、オンナの秘すべきみだら。

彼女すらも気付かぬうちに。

私だけが見ていた。